断捨離

大切だった思い出の腕時計 娘の手へ 

断捨離の先

こんばんは、
節約投子です。

幾度もの断捨離を乗り越え、
手元に残していた腕時計。

22歳の時に買った物です。

色々な大切な思い出が残っています。
だから、
もう使わないけれど、
捨てることも、
知らない誰かに譲ることもできませんでした。

小学6年生の娘。
中学生になったら時計するかな?
スマホが時計代わりになるのかな?

娘に聞いてみました。
ママのこの時計、使う?

と。

大喜びしてくれました。

スマホで時間を見るのは大変だから、
すぐ時間がわかる腕時計が良い!と。

そして
おもちゃでもない、

しっかりとした腕時計。

大人になった感じでしょうか?

もう靴のサイズも私より大きく、
身長もあと2cmぐらいで追い抜かされるので、
腕時計もサイズ直しをしないでぴったりでした。

私の不要だけど大切な腕時計が、
娘の腕でまた息を吹き返してくれました!

10年ぶりぐらいに電池交換をしましたがちゃんと動きました!

 

error: 右クリックは許可していません。ごめんなさい。