中学1年

中一女子の 心の成長を感じた朝

娘だけが学校の日

とある週末の日、

娘だけが学校でした。

私と旦那さんは
土曜日につきお休み。

いつもは夜寝る前に
目覚ましをセットします。

平日しかセットしていないアラームを、
1日限定で鳴るように。

疲れていた私は
セットせずに熟睡。

起きたのは
旦那さんが、

やばい!

と言って起きた時。

一瞬何曜日かわからず
え!?

無断遅刻!?

と焦りながら
起き、

土曜日と瞬時に理解。

何時!?

7時45分!

!!

娘の学校がやばい!!

あわてて娘の部屋に行くと、

いない!?

リビングで
パンとヨーグルトを食べ終わっている娘がいました。

すっごーーい!!!

『遅い!』

と怒られましたが、

『ママ朝食!!』

と起こされることはありませんでした。

 

そして

もう一つ。

行っても行かなくてもいい
授業参観。

小学校の時からほぼ毎月あります。

5年生ぐらいまでは夫婦で一緒に、
またはどちらかが毎回みにいってました。

中学年からは
明らかにきている保護者は激減していましたが。

 

中学生になったし、
聞いてみました。

ママ行ってもいいの?
どうして欲しい?

と。
クラスの雰囲気もみてみたいから
行っていいなら行こうかなと思っていました。

すると、

『来ないでもいいんでしょ!?』

『うん、どっちでも大丈夫なやつ』

というと、

『じゃあ来ないで。中学生なのに来て欲しいわけないじゃん!』

と。

そうだよね。

だから
聞いてみたのよ。

本人の希望を。

私も中学生の時は
親に学校に来てほしくなかったから。

お子さんにもよるかと思いますが、
うちの中一女子はこんな感じでした。

error: 右クリックは許可していません。ごめんなさい。